着圧ソックスを履いてあざが出来る原因とは?

 

着圧ソックス,あざ

 

着圧ソックスは圧力が強くても、効果が高いわけではないです。強い圧力のものは、血行障害を招く事もあります。血行障害が起こると、あざとして脚に現れる場合があります。

 

着圧ソックスを長時間着用するのは駄目で、脚の血流やリンパの流れを良くしてくれるが長時間履いていると本来体が持っている機能が衰えてしまいます。あざが出来る原因になるため、日中だけにしたり帰宅後から就寝まで等時間を決めて着用します。

 

寝ている時はわずかな締め付けでも、身体の血行が悪くなります。血行が悪くなると、あざが出来やすくなります。そのため、就寝中は着圧ソックスの着用は避けた方が良いです。就寝中に着圧ソックスを着用したい場合は、夜用を使用します。

 

着圧ソックスを購入する時には、サイズと圧力に着目します。サイズが小さ過ぎると脚に圧力がかかり過ぎて、血行不良に繋がります。つまりあざになりやすいため、自分の脚に合ったサイズを選びます。

 

圧力は足首で20〜30hPaでふくらはぎで10〜20hPaで太ももは5〜15hPaのもので、効果が発揮出来ます。日中はストッキングタイプの圧力が低めのものがおすすめで、夜や帰宅後やお風呂上りに着用するには圧力が強めもので老廃物をしっかりと流すのがおすすめです。

着圧ソックスを履くと跡がつく時の対処法とは?

 

着圧ソックス,あざ

 

着圧ソックスを長時間履いていて脱いだ後に、くっきりと足に口ゴムの跡がつく場合があります。着圧ソックスは圧力が脚にかかるが、締め付けが強過ぎると跡がつく原因になります。強い圧力の方が効果が得られやすいと思って、強い圧力のものを選んでいるのは良くないです。

 

圧力が強ければ良いものではなく、圧力が強過ぎると血行を悪くする事に繋がります。血行が悪くなると、老廃物が蓄積されて脚がむくんで口ゴムの跡が消えにくくなります。圧力は足首とくるぶしと太ももにかかるようになっていて、それぞれに適した圧力があります。

 

通販サイトの公式サイトで圧力を確認して、適度な圧力がかかる着圧ソックスを選ぶようにします。反対に着圧ソックスの跡が中々消えない状態が続いていると、慢性的に足がむくんでいる可能性があります。

 

また脚に合っていない着圧ソックスを履いている事も考えられ、締め付けがきつくて痛みを感じる程であると跡がつきやすくなります。脚に合っていない場合は、サイズをきちんと測り適正なサイズを選びます。着圧ソックスには、口ゴムがゆったりとしているものがあります。

 

むくみで悩んでいる人は、このような着圧ソックスを選ぶのがおすすめです。

着圧ソックスを履いてウォーキングはおすすめ出来ない理由

 

着圧ソックス,あざ

 

着圧ソックスは足を締め付ける事で、足に留まってしまう血液を心臓の方に返してくれる効果があります。むくみは足に血液が溜まる事で起きるため、着圧ソックスは非常に効果的です。しかしウォーキングを行うと、自然と足の筋肉も動かされて足から心臓に血液を戻しやすくなります。

 

更にウォーキングを行うと血流が良くなるが、着圧ソックスを履く事で血流を妨げてしまうかもしれないです。このため、ウォーキング時に着圧ソックスを履く意味がないだけではなく逆効果になってしまいます。

 

ただし着圧ソックスを履いてウォーキングを行うメリットもあり、それは酸素を効率良く筋肉に運んで力を発揮させるだけではなく、スポーツマンの敵である乳酸を効率良く除去出来てウォーキング後の身体のリカバリーを助けてくれるためです。

 

ウォーキング等の運動を行うと、乳酸の発生自体は止める事は出来ないです。乳酸は蓄積されると体に疲労感をもたらします。乳酸を蓄積させないためには、血液の循環を良くする事が大切です。このように、着圧ソックスを履いてウォーキングを行うと良い効果が発揮される場合があります。

 

ただし着圧ソックスのように、足に強い圧力がかかると体に良い効果が生まれないで具合が悪くなってしまう事があります。着圧ソックスを履いてウォーキングを行うのは、おすすめ出来ないです。

着圧ソックスの選び方とは?

 

着圧ソックス,あざ

 

着圧ソックスを選ぶ時には、圧力がポイントになります。どのような着圧ソックスにも、パッケージに圧力が記載されています。圧力の単位はhPaかmmHgで記載されていて、基本的には数値が高い程圧力は大きくなります。

 

圧力の大きさは、足首でふくらはぎで太ももの順番になっていて圧力は強いと良いものではないです。1日中強い圧力をかけていると、脚に負担をかけてしまい脚の疲れやむくみに繋がってしまいます。

 

足首は20〜30hPaでふくらはぎは10〜20hPaで太ももは5〜15hPaの圧力があれば、むくみに対して十分効果を発揮出来ます。サイズ選びは基本的にはきつくないもので、きつ過ぎると血行不良等の障害を招く恐れがあります。

 

自分の足のサイズに合わせて、サイズが合わないと圧力がかかる位置がズレて効果が落ちてしまいます。着ける時間により着圧ソックスの種類を変えるようにして、お昼や日中に着ける場合はストッキングタイプ等の圧力の弱いものがおすすめです。

 

足全体に優しく圧力がかかる事で、むくみの予防に効果的です。夜家に帰ってからお風呂上りに履くのであれば、圧力が強めのもので溜まった老廃物をしっかりと流してむくみを解消します。

ララスリムナイトの通販購入はこちら!【口コミあり】トップページへ大根脚の太い脚がコンプレックスの方、下半身デブ体型が気になる方は、トップページでララスリムナイトの詳細をチェックしてみてください。