着圧ソックスを履くとかゆいと感じる原因とは?

 

着圧ソックス,かゆい

 

着圧ソックスを履くとかゆい原因は、ソックスの素材に影響を受けている可能性があります。着圧ソックスの素材はメーカーによって違いがあるが、コットンやシルク等の天然素材が混ざっているものであると肌の潤いが奪われる事はないです。

 

だがナイロンやポリウレタン等の化繊の素材が多く入っていると、肌を乾燥させてしまう原因になります。着圧ソックスは伸縮性に優れているが、ナイロンやポリウレタン等の化繊素材が配合されているものがほとんどです。

 

その割合が高いと潤いを奪われやすくなり、購入をする時には箱のパッケージに素材の表記があるためかゆみを感じる人はチェックします。もう一つ原因があり、圧力をかけ過ぎている事で血行不良が考えられます。

 

着圧ソックスはメーカーによりかけられる強さが異なっていて、かゆいと感じるのが頻繁であると圧力が適切でない可能性があるが注意が必要です。圧力は自分の脚の太さやむくみ具合によって適切な強さが異なり、明らかに強いと感じたりかゆい時には圧力が適切ではない可能性があります。

 

この時は、少し緩いサイズのものを選んで試してみます。血行不良をそのままにしておくと、足の健康のためにも良くないです。気持ち良いと感じられる程度の圧力のものを選びます。

着圧ソックスを履いてお風呂に入る方法とは

 

着圧ソックス,かゆい

 

半身浴をしながら着圧ソックスを履くと、新陳代謝が良くなって脚のむくみや疲れが一気に取れます。普通の靴下ではあまり効果はないが、加圧の強いソックスを水圧と掛け合わせる事により通常時に履くより何倍もの着圧効果を得る事が出来ます。

 

着圧ソックスは圧力設計が通常の靴下よりも高くなっている靴下で、足首やふくらはぎに圧力を与える事で脚に余分な水分を溜めないようにしてくれます。着圧ソックスを履く事で、脚のむくみを防ぐ事が出来ます。半身浴のコツは、お湯の温度を38から40度にして心臓より少し下までお湯を溜めます。

 

入浴時間は15分以上にして、少しぬるめのお湯に長時間入る事で身体が芯からポカポカしてきて汗が沢山出てきます。これがデトックスされている状態で、その状態で着圧ソックスを履いていると脚のむくみが取れやすくなります。お風呂に入る時におすすめになる着圧ソックスは、メディキュットです。

 

メディキュットは加圧設計が高めであるため、お風呂で履くには効果的です。ビキャクイーンも加圧設計が高めで、理想的な設計になっています。

 

アミドボーテはソックスではなくてストッキングであるため、お風呂で履く時は伝線に注意しないといけないがソックスとは異なりお尻までカバー出来るメリットがあります。これで、お尻を小さくする効果もあります。

着圧ソックスでエコノミー症候群を予防するには

 

着圧ソックス,かゆい

 

エコノミー症候群の予防は、着圧ソックスで出来ます。着圧ソックスには、足首から太ももまで段階的に圧力をかけてふくらはぎ等の下肢の血液を押し上げて血流を良くする効果があります。

 

エコノミー症候群とは、長時間同じ姿勢で座り続ける事により足の血流が悪くなって膝の裏辺りの静脈に血栓が出来る症状です。エコノミー症候群は飛行機に乗っていると7から8時間もの長距離を座り続けるため、起こりやすいです。

 

着圧ソックスはふくらはぎに圧をかける事が出来るため、血流の速度を増加させて血栓の予防になります。飛行機に乗る場合は、何日も前から使用しておく事がおすすめです。着圧ソックスは圧力が強いものから弱いものまで色々あり、ふくらはぎに圧力がかかると効果がほぼ同じであるとされています。

 

しかし買ったばかりの着圧ソックスを履くと、慣れていない事により疲れの原因になってしまいます。何日も前から履いておくと、足に馴染ませる等して慣れておくようにします。また何日も前から使用しておくと、足のむくみのない状態で飛行機に乗る事が出来て安心です。

 

エコノミー症候群は飛行機に乗っている時だけ起こるものではなく、車の長距離運転や新幹線移動等でも起こる可能性があります。このため、長時間同じ姿勢になる時には着圧ソックスを履くとエコノミー症候群の予防が出来ます。

着圧ソックスの重ね履きが駄目な理由

 

着圧ソックス,かゆい

 

着圧ソックスを寒さ防止や圧力を強くするために重ね履きをするのは、むやみに締め付けを強くするだけであるため血行不良に繋がる危険性があります。必ず1枚だけ履くようにして、使用します。重ね履きをしたからと、着圧が2倍になる事はないです。

 

着圧ソックスの着圧値は、設計した太さの脚に履かせた場合に繊維の横方向の張力で脚にかかる圧力の値です。1足履いて既に細くなっている脚は繊維の張力が十分にかからない状態であるため、設計上の圧力はかからないです。

 

むしろ滑らかな繊維同士が滑り、上に履いた着圧ソックスは縦方向の張力が強く働くはずです。重ね履きをすると脚がパンパンに固くなって、筋肉の割れ目や脂肪が付いた部分が目立つようになります。細くなるより、真空パックされたボンレスハムのような感じに見えます。

 

縦方向の張力で生地が脚の細い所に引き寄せられて、足の付け根や膝の直ぐ下や足首が相当に強く圧迫されて血行やリンパ節の流れを阻害する結果にもなります。着圧ソックスは太ももとふくらはぎと足首だけ強く締めて、脚の細い所を圧迫しないように出来ています。

 

人間の60%は水分で出来ていて、水は圧縮しないため着圧を強くしても水分の逃げ場がなくてある程度以上は細くならないです。

ララスリムナイトの通販購入はこちら!【口コミあり】トップページへ大根脚の太い脚がコンプレックスの方、下半身デブ体型が気になる方は、トップページでララスリムナイトの詳細をチェックしてみてください。