着圧ソックスを買い替えるタイミング

 

着圧ソックス,買い替え

 

着圧ソックスの買い替えのタイミングは、洗濯方法や使用頻度に気を使っていても締め付け感が無くなってきたらその時が買い替えのタイミングです。着圧ソックスが締め付けずにゆるゆるとずり落ちてくるようでは、効果は期待出来ないです。

 

誤って伝線が入ってしまったら、買い替えた方が良いタイミングです。正しい洗濯方法と頻度を守ると少しでも長持ち出来て、買い替えのタイミングを延ばせます。今までに直ぐに駄目になってしまっていた人は、洗濯方法と頻度を見直します。

 

着圧ソックスにはポリウレタンが使用されている事が多く、ポリウレタンは熱に弱いため30度以下のお湯で優しく洗います。手洗いが難しい場合は洗濯機を使用しても大丈夫であるが、洗濯機にそのまま入れないようにします。他の衣類と絡まり生地が伸びてしまったり、ホックが引っ掛かりほつれる可能性があります。

 

洗濯ネットに入れて、洗濯をします。長持ちさせるには、手洗いをしても出来るだけ洗濯頻度は少ない方が良いです。外出時に履く着圧ソックスを洗濯しないわけにはいかず、毎日洗濯をする場合は手洗いで優しく行うのが大事なポイントです。

 

就寝時には利用する着圧ソックスや、室内用の着圧ソックスであれば洗濯頻度を出来るだけ減らします。

着圧ソックスを履くと体に悪い理由

 

着圧ソックス,買い替え

 

着圧ソックスには昼用と夜用があり、昼用は直ぐに脚痩せ出来るように引き締めが強いものが多いです。昼用の着圧ソックスを夜寝る時に履くと、きつくて苦しいと感じる事があります。着圧ソックスにより必要以上に体を締め付けてしまうのは、大変危険です。

 

着圧が脚にかかると皮下の毛細血管や動静脈が圧迫されて、うっ血状態を招いて血流障害を招きやすくなります。着圧ソックスがきついや苦しいと感じたまま寝ると、疲れが取れず寝ている間に脱いでしまったり効果が出ない場合もあります。

 

夜用の着圧ソックスは寝る時に履く事を前提に長時間使用が出来るように、昼用に比べて低めの着圧力になるように設計されています。長時間履いていると、身体本来が持っている機能が衰えて更にむくみやすい脚になってしまいます。

 

履き始めは心地良く感じられる圧力であっても、時間が経過すると脚には疲労が溜まり適切なサポートの範囲をいつの間にか超えてしまいます。血流が阻害されてしまい、脚は益々パンパンになります。着圧ソックスなしでは、いられない体になってしまいます。

 

またかぶれや発疹等の肌トラブルを引き起こす事もあり、日中だけ帰宅後から就寝まで等時間を決めて使用する事です。

着圧ソックスを履いて足が臭い時の対処法

 

着圧ソックス,買い替え

 

着圧ソックスはピッタリとしているため、足が蒸れてしまう事があります。足が蒸れると雑菌が繁殖しやすくなり、足の臭いの元になります。むくみが気になっていても、毎日履いたり長時間履くのは避けるのがおすすめです。

 

着圧ソックスは圧力が強い方が効果的であると思われるが、きつく苦しいと感じる圧では効果が半減してしまいます。また足が蒸れる原因にも繋がるため、圧力が強いものは避けます。履いて痛みを感じないで、苦しくない程度の圧のものを選びます。

 

目安としては、足首は20から30hapでふくらはぎは10から20hapで太ももは5から15hapが適当です。着圧ソックスには色々なタイプがあり、日中履けるものと夜寝る時に履けるものがあります。就寝用は圧力が弱めに作られているため、日中に使ってもあまり効果が得られないです。

 

反対に日中用のものを夜使うのは、圧が強過ぎて健康にも良くないです。就寝中は締め付けがない方が良く、日中用の着圧ソックスを履いて寝ると圧力が強過ぎて蒸れやすくなります。寝ている間に足が臭うようになり、朝起きて着圧ソックスを脱ぐと足が臭くなっている場合もあります。

 

用途に合わせて、きちんと選ぶのが大切です。

産後のむくみを着圧ソックスで解消する

 

着圧ソックス,買い替え

 

着圧ソックスは脚のむくみを解消する事が出来て、一定の時間履く事で脚の血行を促進してリンパの流れがスムーズになり脚のむくみをスッキリと解消出来ます。産後は体内から一気に羊水や血液が排出されるため、体内のバランスが不安定になります。

 

そのため、水分を溜め込もうとしてむくみが起きやすくなります。また母乳は血液から作られるが、授乳によりママの身体の水分が使われます。これでも、体はより水分を溜め込んでむくみます。産後のむくみにも、着圧ソックスは効果的です。

 

着圧ソックスは通常のソックスよりも履くのに力が必要で、かかとや膝の位置がぴったりと合うようにつま先から少しずつ引き上げながら履きます。位置が少しでもズレたり、サイズが合わないものを無理に使用すると逆効果になる場合もあり注意が必要です。

 

産後で自分では履けない場合は、無理をしないで周りの家族に手伝ってもらって履きます。使用してもむくみが改善されなかったり、逆に症状が悪化したら使用を直ぐに中止します。心配がある場合は、医師に相談して使用するのがおすすめです。

 

産婦人科では医療用の着圧ソックスを紹介してくれる所もあるため、気軽に医師に相談をしてみると良いです。

ララスリムナイトの通販購入はこちら!【口コミあり】トップページへ大根脚の太い脚がコンプレックスの方、下半身デブ体型が気になる方は、トップページでララスリムナイトの詳細をチェックしてみてください。